仙台市の不動産任意売却ドットコム

仙台市の住宅ローンの返済ができない時には任意売却という手段がある。これは債権者の了承を得て不動産を売却する方法。

RSS 2.0

仙台市で任意売却された物件

プロ野球の楽天の監督も変わり、私は来年の新しいチーム編成に期待しています。

来年こそは変わるだろうと言われていますが、東北の人たちは2年連続で最下位のチームの再生に関心を示しています。

何かと注目される仙台市ですが、この土地は東北の歴史と経済の中心地という気がしますが、実際には人の移動が激しく、誰も住んでいない空家も多いらしく、先日仙台市の任意売却されている物件を見かけました。

任意売却されている物件を見かけたときに、自分の持っている不動産を任意で売り払うとはどういうことなのだろうと思って、任意売却という言葉について調べてみました。

そもそも任意売却とは、まだ住宅ローンが残っている時に担保になっている物件を売り払うことによって、ローンの返済を減らして、生活を立て直すために行われる処置のことです。

それでこの言葉は、住宅のローンを払い終わった物件に関しては用いられません。

マイホーム購入は男の夢ですが、家やマンションを購入してから住宅ローンを滞納していると大変なことになります。

ずっと住宅ローンを滞納していると、お金を貸している金融機関は担保となっている家や土地を差し押さえ強制的に競売にかけます。

一度競売にかけられてしまうと、まだ家のローンは残っているのに、家自体はとても安い値段で別の人たちに買い叩かれてしまいます。

しかし、競売の申請が行われる前ならば、不動産を任意で売却することができるので、住宅ローンが払えなくて困っている時は、自分の借金の負担を減らすためにこの制度を使用する人がいます。

OFF
admin